ありとあらゆる食品に使われている食品添加物

日本で使える食品添加物は1,526品目にもなります。(2008年10月時点)

着色料・保存料のほかに食肉を鮮やかにするための発色剤、食感をよくするための増粘剤などもあります。

らでぃっしゅぼーやの野菜もお肉もぱっと見はあざやかではありません。

が、発色剤で鮮やかにしているものと比べてもイミはありませんね。

らでぃっしゅぼーやでは素材そのものの持ち味を生かすため、うま味調味料などは不要な添加物という考えで、使用していません。保存料、発色剤などももちろん、徹底して使用しないようにしています。

ただ、食品添加物を使用しない分、賞味期限が短かくなってしまったり、見た目が鮮やかではなかったりすることが多くありますが、本来の味わいをそのまま届けるために、お惣菜は冷凍でお届けするなど、賞味期限を長くする工夫もおこなっています。


たとえばウィンナーなら、
一般的な商品の食品添加物:調味料(アミノ酸)、リン酸塩(Na)、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)などですが、らでぃっしゅぼーやはゼロです。

▼こどものために安全宅配♪▼

》 》 有機・低農薬野菜セットを気軽に試してみる

トライアル期間中配送料0円[らでぃっしゅ専用エリア内]・入会金なし・年会費なし
電話よりインターネット申込みがお得!